日本を代表するコンテンポラリーアートギャラリーである小山登美夫ギャラリーの内装設計である。通常の白く冷たいギャラリーではなく、小山さんのキャラクターにあった温かみがあり、物語性のある展示ができるような空間をめざした。インテリアを、ヴォリュームのサイズ、プロポーション、配置とそのつながりによってつくりあげ、さらに、木の建具、レンガの床、突板の壁、ベージュの壁などの具象的なテクスチャーで仕上げた。そうして立ち上がった空間は、抽象性は担保しながらも個性がある、まるで邸宅を改装したような空間の質もったギャラリーとなっている。

The interior design of Tomio Koyama Gallery that is one of the most famous contemporary art gallery of Japan. The space has the warmth that fits the character of Mr. Koyama and is able to give a story to the exhibition. Concrete materials: wooden fittings, bricks floor, veneer wall, the beige-colored wall and etc are combined by minimum details. This gallery has the individuality as well as the abstractness as an exhibition space and has the atmosphere of space just like a refurbished mansion museum.

小山登美夫ギャラリー / Tomio Koyama Gallery

Date : 2016.10
Type : Art Gallery
Location : Minato-ku, Tokyo
Floor : 158.51㎡
Contractor : ISHIMARU
Photo : Takumi Ota
Press : 新建築2017年6月号, japan-architects ブログ