竣工直前のある一日、ムトカの2人で撮影しました。建築の形式や空間の様子を表現する建築写真ではなく、建築の手触りや息づかいのようなものを捉えようとした写真です。日々淡々と続くショートフィルムのような、この家の有り様を感じていただけるとうれしいです。

N邸が新建築住宅特集7月号に掲載されました。編集者の久留さんにご協力いただいて、写真と文章を織り交ぜてレイアウトし、この住宅の淡々とした佇まいを表現することを試みました。また、青木淳さんにN邸の批評文を書いていただきました。「かなり図式的なつくりかたなのに、その図式を見せることが主題ではなく、結果として、とても自然体になっていること」。このタイトル気になりますよねー。やっぱり青木さんはすごすぎます。必見です!!

出雲大社

Date : 2013.6.3

tsugikiの植物も一冬越えていくつかダメージを受けていたものがあったので、叢の小田さんにメンテナンスをしていただきました。シンボルであった刺無王冠竜とバンザイ福禄寿がダメになったのは残念でしたが、その他は概ね元気。このプランターテラスは基本メンテナンスフリーで水遣りもしなくてもいいようになっています。これから暖かくなり大きく成長していくだろう植物たち。とても楽しみです。

新建築住宅特集5月号に「tsugiki」が掲載されました。リノベーション特集のひとつとして紹介されています。通常のリノベーションとは違う「建築に建築を接ぎ木する」ことで見えと価値を改修することを試みた計画です。ぜひご覧下さい。

青木事務所大宮前体育館の現場におじゃましました。年内竣工予定で着々と進んでいます。構成、形式、図式では理解できない建築に仕上がる予感がしました。

伊勢神宮

Date : 2013.5.12

読売新聞4月17日(水)夕刊に杉戸洋さんによるN邸のドローイングが挿絵として使われました。当日に杉戸さんから「今日の読売新聞の夕刊を見てみて」というメールがきて、何かなと見てみると、N邸でした。素敵なサプライズ。丸い樹木との関係、窓の大きさ、ロフト天井の陰影、屋根の取り合いなど、ディテールが織り成す独特な雰囲気が楽しげに表現されています。

読売新聞

Date : 2013.4.17