新建築住宅特集2017年1月号に批評文『緩められた抽象性・整えられた具象性』が掲載されました。同誌の連載「建築家自邸からの家学び」は、今号では白澤寛規さんの自邸「北山・住宅」を取り上げ、東京藝術大学の中山英之研究室が調査研究を行っています。私たちもこの建築を訪れ、「北山・住宅」の抽象表現に着目したレビューを執筆しました。

村山が登壇した座談会「住宅のユーティリティ再考-3組の建築家が考えるこれからの水回り」の記事が新建築住宅特集2017年1月号に掲載されました。このイベントは、同誌2016年8月号・9月号の特別記事の連動企画で、2016年11月26日に青山ハウスで行われました。記事には品川雅俊氏(青木淳建築計画事務所)による批評『水回りと向き合う』が掲載され、当日の議論の様子が記されています。

ja102『若手の建築家がつくる家、そして彼らの仕事』にムトカ建築事務所の記事が掲載されました。1975年以降生まれの建築家62組のこれまでの仕事を紹介した特集です。現在計画中の小山登美夫ギャラリーのイメージも掲載しています。

東京建築士会住宅建築賞2016の授賞式がありました。立派な表彰楯を事務所に飾らせていただいています。今後もこの賞に恥じないような建築をつくっていこうと思います。審査講評はこちらでご確認いただけます。

東京建築士会住宅建築賞2016でペインターハウスが住宅建築賞を受賞しました。西沢立衛さん、乾久美子さん、小嶋一浩さん、妹島和世さん、藤本壮介さんという錚々たる審査員の中で、なんと一次審査では最多4票を頂きました。獲りたかった賞だったので本当にうれしいです。お施主さまはじめ関係者のみなさま、本当にありがとうございました。

みすず2016年4月号に植田実さんによるペインターハウスの批評文が掲載されました。憧れの植田さんが自分たちの作品のことを書いてくれる日が来るとは思いもしませんでした。日本住宅史に少し名を残せたような気がします。植田さん、ありがとうございました!

タイのデザイン誌『art4d』のウェブサイトに私たちムトカのインタビューが掲載されています。昨年発売された日本の住宅を特集した号のダイジェスト版です。

この度、ムトカ建築事務所で設計しましたペインターハウスが第59回神奈川建築コンクールにて優秀賞を受賞しました。 お施主さまをはじめ、関係者のみなさま、本当にありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。